ゲーム業界の離職率

高いと言われているゲーム業界の離職率。どうして離職率が高くなってしまうのか、その理由と人を繋ぎとめるために企業が行なっている取り組みを調べてみました。

ゲーム業界の離職率が高い理由

ゲーム業界は労働環境が過酷なため、離職率が高いと言われています。理由には、以下が挙げられます。

  • 残業や休日出勤が多い
  • 休みが少ない、有休が取れにくい
  • プライベートの時間がない
  • 労働に対して給料が見合わない
  • 身体的、精神的な病の発症
  • 将来の見通しが立てにくい

離職率が高い理由は仕事量の多さです。スマホアプリゲーム開発が好調な現在、どのゲーム会社も人手不足と言われています。人手が足りていないと、一人あたりの業務の量はもちろん増加。残業や休日出勤が増えてしまい、身体的・精神的に疲弊して退職される方が多い模様。ハードな労働環境が離職率を上げている要因になっているようです。

転職のタイミングで多い時期

ゲーム業界で求人が増える時期は、1月・4月と言われています。4月は新卒採用、1月は中途採用がメインになります。1月に求人が増える理由は、12月にある冬のボーナスを受け取ったあと転職活動を行なう方が多く、人手が不足するから。転職を考えているなら、求人数が増加する1月・4月に動くことをおすすめします。

そのほかの転職タイミングとして、ゲームが運用終了した時期も挙げられます。一区切りついて次をどうするか考えたとき、働く環境を変えたい・スキルアップを図りたいと思う方が多いようです。

離職を防ぐためフレックスタイム制を
取り入れている企業も

ゲーム会社では24時間、誰かしら作業していることは珍しくありません。そのため、自由に勤怠時間が選べるフレックス制を取り入れている会社も多いです。決められた時間に出勤する必要がないため、自分のペースで自由に働くことができます。

無理やり早い時間に起きて、集中できないまま作業をこなしても生産性が上がるはずありません。生産性を上げるためにも、フレックス制は効果的と言えます。ゲーム会社の仕事内容を考えると、フレックス制はとても相性が良いでしょう。

毎日朝から深夜まで働き詰めで、就労環境を変えたいという方は、このようなフレックスタイム制などを取り入れている企業に転職するのも良いでしょう。