未経験からゲーム業界へ転職する

ゲーム業界にはどんな職種がある?

未経験でゲーム業界に飛び込む場合、どんな職種があるかわからないと、自分を売り込むこともできませんし、どういったスキルや経験が必要になるかもわからないでしょう。 まずは、ゲーム業界ではどんな職種があるかを知り、どの職種を希望するか目的をはっきりさせてみましょう。

ディレクター

ディレクターは、ゲームの企画やデザイン、設計、開発、リリースに始まり、ゲームが販売されてからも運営として行程全般を管理する業務を行います。

ゲームを製作する流れや全体を把握する必要があるので、未経験から就くことはできず、ゲーム業界のほかの職種を経験してから出世するのが一般的です。

プランナー

プランナーは、ゲームの企画や構成を構想する職種になります。面白いゲームや売れるゲームを作るためのアイデアや発想力が必要ですが、それをほかのスタッフや上層部に伝えるプレゼン力も必要になります。

ゲームの構成だけでなく、集客のためのイベントやキャンペーンを考えて売り上げを伸ばす企画を考えることもあります。

プログラマー

プログラマーは、ゲームの画面構成やキャラクターの動作をスムーズに動かすために必要なプログラミングを行う職種で、ゲームを実際に作るためにはなくてはならない存在です。

ゲームでのプログラムでは、C++やC言語などの開発言語を使用し、プランナーやデザイナーの指示通りにゲームが動くようにプログラムを組んでいきます。

プログラマーは慢性的な人手不足なので、実務経験がなくても仕事に就ける可能性はありますが、基礎的なプログラミング知識や経験は必要になります。

デザイナー

デザイナーは、ゲームに登場するキャラクターや背景、アイテム、魔法効果などのエフェクトをデザインする職種です。

ゲームによっては、キャラクターの魅力が売り上げを左右することもありますので、ゲーム業界におけるデザイナーは非常に大きな責任が課せられます。

デザイナーとして働くためには、PhotoshopやIllustratorなどのソフトが使えることはもちろん、3DCGのデザインもできると需要が高くなります。

また、魅力あるデザインができるセンスは、一朝一夕に磨かれるものではないため、天性のセンスがある人や経験豊富な人は、引く手あまたとなるでしょう。

シナリオライター

シナリオライターは、ゲームのストーリーを考えたり、企画に合わせて文章で物語に肉付けをしていく職種です。

キャラクターの発するせりふを考える場合もあるため、短くてもインパクトのあるせりふ回しや、わかりやすい言い回しを考える必要があります。

基本的には文章が書ければいいので、特殊なスキルは必要ありませんが、シナリオライターとしての経験があると仕事を始めやすくなります。

ゲーム業界で働くために必要な資質

ゲーム業界で働くためには、特殊なスキルや経験が必要な場合も多いですが、その人がもともと持つ資質も重要になります。

ゲームが好きかどうか

多くの人に愛されるゲームを作るためには、作る人がゲームを好きで、面白いゲームを作りたいという情熱を持っていることも必要です。

ありきたりなものを作っても売れませんし、これまでにあるものと似通ったものでは競争に負けてしまいます。そのため、今売れているゲームはどんなものか、どんなゲームが楽しいと思えるのかということを貪欲に追及できる「ゲーム愛」を持っている人にしかできないものがあります。

斬新な企画力

ゲームプランナーに求められるのは、これまでのゲームにないような斬新な企画力です。 ゲームも時代によって変化していきますので、今までのゲームをなぞった内容では、すぐに飽きられてしまいます。すべてにおいて新しくする必要はありませんが、何かひとつでもほかのゲームにないような新しい要素を加えられる企画力や発想力があるといいでしょう。

魅力のあるキャラが作れるセンス

ゲームの人気の大半を占めるのは、魅力のあるキャラクターです。

キャラクターの人気が高まれば、衣装やスチルを増やして課金を促すこともできますし、新たな物語やゲームに発展することもあります。

そのため、プランナー、デザイナー、シナリオライターそれぞれが、魅力のあるキャラクターを作り出せるようなセンスが問われます。

プランナーなら世界観も含めたキャラ付け、デザイナーなら視覚的に人気の出るデザインや衣装、シナリオライターならキャラクターに合った印象的なセリフなど。

未経験からゲーム業界へ転職するために、やっておきたいこと

誰でも最初は未経験ですが、転職するためには、これまで培ってきたスキルや経験がどう活かせるのかアピールして採用担当者に認めてもらう必要があります。

ゲーム業界の求人に応募する前に、役立つスキルや経験を積んでおけば採用されやすくなるでしょう。

他業界の企画で実績を残す

ゲーム業界でなくとも、自分で発案した企画が通った実績があれば、プランナーとしての実力として認められる場合があります。

現在企画する職種に就いているのなら、何かひとつでも企画を通してプロジェクトを完遂し、どんな実績を残せたかアピールできるようにしておきましょう。

プログラムやデザインのスキルを磨いておく

デザインはセンスが問われるところもありますが、まずはソフトを自在に使えないと話になりません。

プログラムも同様で、こちらは特にセンスが問われるということはありませんので、正確に納期までにプログラムが組めるように、スキルを磨いておきましょう。

ゲーム業界未経験でも、デザインやプログラムの腕前が証明できれば、採用される確率は高くなります。

未経験可の求人を探す

ゲーム業界の求人は、基本的に経験者を求める傾向にありますが、職種や雇用形態によっては未経験でも応募できるものがあります。

たとえば、いくらゲーム制作のディレクターになりたくても、未経験ではまず無理でしょう。その場合、未経験でも求人が出やすいデバッカー(ゲームをプレイしてバグやエラーがないか確認する職種)から入ったり、時給が安いアルバイトのアシスタントから始めてみることはできます。

どうしても経験が必要な職種もありますので、求人情報を一通りチェックして、未経験でも始められる職種やスキルを見つけてみてください。

未経験からゲーム業界へ転職するときに、注意したいこと

未経験でも、スキルやセンスがあって、採用されやすい職種に応募すれば、ゲーム業界に転職することは不可能ではありません。

しかし、面接時や転職が成功してからも壁にぶつかることはありますので、以下のことに注意して始めてみてください。

応募するゲーム会社のゲームに熟知する

一般的な就職活動でも、応募する企業の研究をしますが、ゲーム業界の場合はその企業が出しているゲームをやりこんで、どんなゲームを作っているのか、今後どのような展望がありそうか、ゲームを通じて知ることが必要です。

面接時には、自分がどれだけゲーム作りに携わりたいかという熱意を伝えることで採用されることもありますので、応募するゲーム会社のゲームがどれくらい好きかということで伝えることもできます。

「自分もこんなゲームを作りたい!」という熱意をぶつけてみましょう。

最新のトレンドに注目する

ゲーム業界は流行の変動が激しく、昔流行ったゲームが急に脚光を浴びてブームが再燃することもあります。今流行っているものばかりに気を取られず、これからどんなものが人気になるか、最新のトレンドを察知できるように、常にアンテナを張っておく必要があります。

今人気のゲームでも、いずれは落ちぶれていく可能性がありますので、売れたからと言って安心してはいられません。

利用者が飽きないようにイベントやキャンペーンを随時発表したり、衣装を増やしたり、ストーリーを追加したりして、顧客が離れないように努力していかなければならないのです。