転職活動は働きながら?辞めてから?

ゲーム業界で転職するにあたって、次の就職先を探すのは働きながらがいいのでしょうか?それとも、同じ業界内で転職するのだからきっちり退職してからの方がいいのでしょうか?

このページでは働きながらの転職活動と退職してからの転職活動のメリット・デメリットをそれぞれ紹介しています。

いまの職場からの転職を考えている方は参考にしてみてくださいね。

働きながら転職先を探すメリット・デメリット

メリット:収入が途切れない

ゲーム業界で仕事をしながら次の就職先を探す最大のメリットは「収入が途切れない」ことでしょう。

せっかく転職するからには、転職先はじっくり時間をかけて選びたいもの。しかし、退職して収入がない状況での転職活動ではそうもいきません。働いて安定した収入を得ながらの転職活動なら焦らずに次の就職先が探せますし、生活費に困ってさほど良くない条件の職場に飛びつくような真似をする必要もなくなります。じっくりと転職先を探したい方は働きながらの転職活動がオススメです。

デメリット:面接が受けにくい

働いていると平日の勤務時間中に転職活動ができないため、採用面接がスケジュール的に受けにくくなります。週末に面接をしてくれる企業もありますが、転職希望先の企業がそうだとは限りません。また、面接を複数回行う企業だとそのたびに週末や休日に面接の日程を調整してもらうことになり、印象を損なってしまう可能性も。

働きながら転職活動をする場合は、自分のスケジュールと転職を希望する相手企業の面接日程をすり合わせて把握しておくことが大切です。有給休暇を上手く使えば、働きながらでもスムーズに面接に行けるかもしれませんよ。

退職してから転職先を探すメリット・デメリット

メリット:自分を磨く時間が持てる

退職してからの転職は生活していくだけの蓄えさえあれば転職活動以外の時間を自分のスキルアップに充てられます。ゲーム業界のようにクリエイティブ系の職業であればポートフォリオの作り込みに時間を費やしてもいいでしょう。また、自分の内面を今一度見つめて、転職用の履歴書や職務経歴書を練り直すのもオススメ。

ゲーム業界の採用にあたっては一般の職種とは違う履歴書・職務経歴書の書き方が重要になるので、その学習をすることもできます。転職をより実り多いものにするための準備に時間を使えるのが、退職してから転職先を探すメリットだと言えそうです。

デメリット:気持ちが不安定になる

転職先が未定のまま会社を辞めると、収入がなくなることに焦りを覚える人がほとんど。「この先、本当にいい就職先が見つかるのだろうか…」という不安から精神的に苦痛を感じることになります。

これまで激務をこなしてきた人の場合は、急に生まれた時間の余裕に心がついていかず、強い虚脱感に襲われてしまうことも。

退職してから転職しようとすると、気持ちが不安定になり万全な精神状態で転職活動に臨めないリスクが発生します。

働きながらと退職してから、どちらがいいのか

働きながらの転職活動も退職してからの転職活動も一長一短あり、どちらがいいと一概に言えません。両方のメリットとデメリットを踏まえて自分に合った転職プランを立てましょう。

転職する際には転職エージェントを利用するという手段もあります。転職エージェントは転職活動のスケジュール管理や求人企業への推薦などを行なってくれます。エージェントのいる転職サイトへ、登録しておくだけでも損はないでしょう。