ゲーム業界転職サイト情報局TOP » 今さら聞けない経験者のためのゲーム業界転職対策 » 採用担当・面接官に好印象を持たれるためのポイント【服装・髪型編】

採用担当・面接官に好印象を持たれるためのポイント【服装・髪型編】

このページではゲーム業界で転職するにあたって必要になる「面接のマナー」についてご紹介。ゲーム業界は服装・髪型・マナーに関して、一般企業よりもかなり自由だと言われていますが、面接においても本当に「自由」でいいのでしょうか?面接に向けて必要な準備から見ていきましょう。

面接の正しい服装と理想的な髪型

服装

ゲーム会社での業務は私服で行っているところがほとんど。そのため面接でも「カジュアルな格好で大丈夫」と言っている企業も多くあり、一般的な企業と比べて比較的ゆるい傾向にあります。

とはいっても、あまりに奇抜な格好で面接に出かけていって「何だ?コイツは」と思われてしまっては採用されないでしょう。

服装で評価を左右されたくないという方は、スーツを着てきっちりネクタイを締めておけば「しっかりした大人」という印象を与えることができるでしょう。少なくとも服装でポイントをマイナスされる心配はありません。ゲーム業界においても、面接ではスーツが無難だと言えます。

また、カジュアルな服装で行く場合は、清潔感のある格好を心がけましょう。小汚い服装で面接に来た人に対して「この人と一緒に働きたい」と考える面接官はいないからです。

髪型と髪色

髪型や髪色においても一般企業よりゲーム業界は緩いといえます。とはいえ、採用してもらう立場で向かうのですから、寝癖は整える、ボサボサの髪では行かないなど、社会人として常識のある範囲内で面接に挑みましょう。

どうしても迷ったらエージェントに相談

転職を考えている方の中には、スーツを持っていない、スーツはどうしても苦手だという人もいるでしょう。髪型に関してもポリシーがありどうしても変更したくないという思いがある方もおられると思います。

ゲーム業界は一般企業と比べて服装や髪型、マナーに対して寛容とはいえ、中には一般企業と同様の基準で判断する企業もあります。しかし面接前に「カジュアルでいいか?」「髪型は自由か?」といったことを聞くのもおかしな話です。

そんなときは転職エージェントに相談するのが1番。転職エージェントであれば、どのような服装や髪型で面接に臨めばよいのか的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

これで面接の準備はバッチリ。実践編では面接でのマナーやゲーム業界での面接時によくされる質問とその答え方について紹介していきます。

採用担当・面接官に好印象を持たれるためのポイント【面接編】へはこちら