ゲーム業界転職サイト情報局TOP » 【職種別】ゲーム業界でキャリアップするには » ゲームシナリオライターの平均年収や転職事情

ゲームシナリオライターの平均年収や転職事情

このページではシナリオライターの必須スキルや役割、年収をアップさせるための方法などをまとめています。転職でキャリアアップするコツも紹介しているので必見です。

仕事概要

シナリオライターというと、一昔前ならドラマやアニメの脚本家という職業などをまとめて指していましたが、現在ではもっぱらゲームのストーリーを形作る仕事をする人の呼称になっています。

仕事内容としては、ゲームのストーリーや展開を台本にする作業が主なものですが、ゲームの世界観やキャラクターの性格やせりふ回しまで任されることも少なくありません。 ゲームは、映画やドラマのように話の筋がひとつとは限らず、いくつもの分岐によってストーリーが変化する場合には、それぞれの分岐ごとに話をつなげていく必要があり、単純に「話を作ればいい」というわけにはいきません。

ゲームをプレイする人が飽きないような工夫も必要ですし、キャラクターの魅力もシナリオにかかっていますので、シナリオの出来がゲームの人気を左右すると言っても過言ではないでしょう。

また、話の筋を作るだけではなく、企画立案や演出、構成案なども担う場合があり、シナリオライターの仕事内容は多岐にわたる場合もあります。

シナリオライターになるには

以前はテレビゲームの種類も少なく、シナリオライターになるための方法はごく限られたもので、しっかり養成学校で学んだ人や実績のある人でないとなかなか仕事に就けないものでした。

しかし、最近ではテレビゲームの種類も増えて普及率も高まり、さらにパソコンゲームに加え、スマートフォンで手軽にプレイできるアプリゲームの台頭によって、シナリオライターの需要や間口は格段に高まっています。

本格的にシナリオライターを目指すなら、やはり養成学校に通ってスキルを身に着けるのが確実ですが、シナリオライターの求人を検索すると、正社員だけでなくアルバイトの求人もあるほか、未経験でも挑戦できる在宅ワークでも募集されています。

特別な資格や経験は必要なく、魅力的なシナリオを書ければ、プロとしてやっていくことも不可能ではなくなってきています。

ただ、在宅ワークやアルバイトでは報酬もそれほど高くなく、継続的な仕事が見込める確証もないため、シナリオライター1本でやっていくには、やはり実績を積んでゲーム会社の正社員になるのが確実です。

平均年収

ゲームのシナリオライターは年収の幅がかなり広く、250~1,000万円ほど。それほど高給ではない若い世代が多いためか、平均年収は250~300万円となっています。

中にはシナリオライターだけでは生きることもままならない方もいれば、数千万円の年収を得ているという方も。収入が個人の能力や信頼で決まるため、極端な実力主義で収入が決まるシビアな世界だといえるでしょう。ただし、数千万円以上は有名シナリオライターにならない限りは難しく、たいていの方は平均年収以内におさまっているようです。

シナリオライターに求められるスキル

シナリオライターというと、文章力が必要スキルとして出てくるかもしれません。もちろん文章力は必要ですが、構成力や演出力などさまざまなスキルが求められます。

文章力

ゲームのシナリオは選択肢によって違う展開を文章で書き起こさなくてはいけないため、さまざまな文章を書けるスキルが必要になります。

文章力を向上させるには、色々な言い回しや単語、慣用句、熟語、時にはことわざなどをたくさん知っておくことが必要になります。毎回同じような言い回しではプレイヤーが飽きてしまいますし、メリハリのない文章になってしまいます。

つまり、語彙力を増やすことが重要で、そのためにはやはり本をたくさん読んだり、映画を見たりして魅力的な言葉に触れることがポイントとなるでしょう。

正確な文章が書ければいいというわけではなく、人の心に響くような言葉に触れる機会を増やしてみてください。

構成力

選択肢の内容はどうするか、イベント発生の条件は何かなど、フローチャートを使ってゲームの流れや結末をつくる構成力が求められます。全体の構成が決まらないと次の作業が滞るため、必須スキルといえるでしょう。

物語の基本的な構成というのは、「起承転結」で作られるというのは多くの人に知られている手法です。

思いつくまま話を膨らませていると、盛り上がりがなかったり、内容を詰め込みすぎてわかりにくくなったりします。

起承転結のあるシナリオを書くには、最初におおまかな展開を決めておいて、それぞれの詳細を作りこんでいくのが効率的ですが、構成力を高めるためのトレーニングとして、名作映画や小説などのあらすじをわかりやすくまとめてみるという方法があります。

そうすると、名作と呼ばれる作品の構成を自分で把握することができるので、それになぞらえて大枠を作りやすくなりますし、起承転結の構成を作る力が上がっていきます。

演出力

文字での表現以外にも、キャラクターの表情やエフェクトを活用してゲームの世界観やキャラクターを魅力的に見せる演出力があると役立ちます。

演出は文字で表現するのではなく、ゲームの画面でアニメーションなどを使って表現されます。つまり、文章力だけ高くても、人を惹きつける演出をするのは難しく、どういった映像が胸を打つのか、このシーンではどういった表情が効果的なのかという視覚的な表現力も身につけなければいけなくなります。

そのためには、やはり絵画や映画、ほかのゲームなど視覚に訴えるものをたくさん見て、自分の中で映像を思い起こせるようなトレーニングが効果的です。

見たことのないものをイメージするような想像力も必要なほか、映像を作るスタッフにイメージを伝えられるような文章力も欠かせないでしょう。

忍耐力

非常に長いシナリオだったとしても、最後まで書き上げる忍耐力がシナリオライターには必須。物語を途中で投げ出してしまうとゲームが完成しないため、忍耐強く書き上げましょう。

そのほか、ゲームの知識や説明に役立つコミュニケーション力、企画を生み出す想像力があるとより仕事がしやすくなります。またスクリプト言語での演出をライターに任せる企業もあるので、事前に学習しておくと有利にはたらくかもしれません。

忍耐力は、シナリオライター以外でも、さまざまな状況で必要になる能力ですので、日ごろから鍛えておくと思わぬところで役立つかもしれません。

忍耐力を鍛える方法はいろいろありますが、その多くが観念的なものであり、個人差もあるため、これをやれば確実に忍耐力が上がる!とは言い切れません。

ですが、毎日根気強く続けていれば、知らないうちに忍耐力が向上することもあります。

そもそも、忍耐力を付けるトレーニングが続かないようなら、もともとの忍耐力が低いのかもしれません。

効果的な方法のひとつに、成功した事例を作るというものがあります。これは、一度成功したことはその後も成功しやすくなるというもので、たとえば、仕事を受ける前に自分でシナリオを1本書いてみるといいでしょう。

期限を決めてなるべく難しい設定にして、クリアするのは無理だと思いながらも必死にやって成功させるのです。失敗した場合のペナルティを用意して自分を追い込むのもいいでしょう。

それに成功すれば、今後似たような事態に陥っても、あきらめることなく業務をまっとうできるようになるはずです。

シナリオライターが担うべき役割

ゲーム制作での役割

シナリオライターの仕事は大まかにいうとシナリオをつくること。ただし、どの段階から関わっているかによってやることが変わってきます。企業によって任される範囲は変わってくるため、転職を考えている場合は転職希望先の仕事の範囲を事前にチェックしておくといいでしょう。

企画の段階から携わる場合

まだ何も決まっていない状態なので、自分でゼロから構想を練ることができます。企画書を作成したり、プロットをつくったりする仕事も合わせて行います。

世界観やキャラクターが決まっている場合

すでに基礎が決まっているため、キャラクターの動き方やシナリオ内の選択肢、結末などを考えながら構成を組み立てます。

すでにプロットが決まっている場合

話の展開まで決まっているため、話の肉付けを行います。

今後どんな立ち位置になっていくか

ゲーム機市場やアプリ市場は伸びを見せており、シナリオライターの需要もどんどん上がっていくでしょう。しかし不安定な要素も多く、未知数な職種ともいえます。

ゲーム業界は不況に強いため、今後は地位も高まり、仕事環境もより良くなっていくとみられています。自ら市場を開拓し、新たなニーズを生み出す姿勢があれば、さらに可能性が広がるでしょう。

シナリオライターとして年収をアップさせるには

より多くの仕事をこなす

シナリオライターは会社に所属する場合と、フリーランスとして委託される場合の2種類の働き方が存在します。それぞれの立場で収入をアップさせる方法は少し異なります。

会社所属の場合

会社に所属する正社員のシナリオライターの場合、就職したときの年収をさらにアップさせるには、より多くの作品を手掛けてヒット作を出すことで実績を認められ、昇給やボーナスの額を上げてもらうことです。

特別ボーナスや休暇がもらえることもあるので、時間はかかりますが確実に年収を上げていくことができます。

フリーランスの場合

フリーのシナリオライターは、給料ではなくシナリオ1本あたりの料金や、文字数の単価によって報酬が設定されます。

その単価は人によってまちまちで、実績が豊富で人気があるシナリオライターなら、高報酬も狙えますが、経験が浅くても挑戦できるようなものなら1文字あたり1円~1.5円くらいが相場になっています。

ほかにも、データの容量で計算する場合もありますが、1章あたり1万円くらいといったところ。

効率よく稼ぐには短時間でたくさん書けばいいのですが、内容が伴っていないと仕事の依頼は減ってしまうでしょう。

もし、魅力的なシナリオを書くことができて、ゲームの売り上げに大きく貢献できたなら、次回も書いてほしいという依頼が殺到して、高報酬を得ることも夢ではありません。

フリーランスの場合は、安定性はありませんがふり幅が大きいので実力次第で収入アップも可能ではあります。

より収入の多い会社に転職する

今のままでは収入アップが見込めない場合、転職してより条件のいい会社に転職する方法もあります。収入アップ以外にもスキル上げや待遇の向上などさまざまなプラス効果が期待できます。

現在フリーランスなら会社に所属することで安定した収入を得られるでしょう。シナリオ依頼の際に会社所属経験を重視する場合もあるので、仕事を増やす意味でも経験しておくのがおすすめです。

近年シナリオライターの需要は増えてきているため、可能性を広げる意味でも転職は有効です。自分に合った求人を探してみましょう。どうしたらいいかわからない場合は、業界事情に精通した専門家や転職エージェントなどを活用してみるのもひとつの手です。

未経験からシナリオライターを目指す

シナリオライターは、実務経験がないと難しいと思われるかもしれませんが、最近は需要の高さから未経験者の募集も行っており、何らかのライティング経験がある人や、同人誌や趣味の小説などを執筆した経験のある人には広く間口が開かれています。

とはいえ、商業用のシナリオを書き上げるのには、経験がないと難しい部分も多いので、まったくの未経験から挑戦する場合には、養成学校やスクールで基礎を学んでおいたほうがいいでしょう。

きちんとした学校なら、就職先を紹介してくれることもありますので、確実にプロになれる道が開かれています。

社会人でも通えるおすすめのスクール

シナリオ・センター

多くの人にシナリオを書いてもらいたいという思いから、1970年に創立された歴史の深いシナリオライター養成スクールです。

これまでに、60,000人以上が学んで、3,000人以上がデビューし、600人以上が第一線でプロとして活躍している実績があります。

「シナリオの基礎技術」を元に、受講者の想像力を磨いて多くの人の「伝える力」を高めています。

働きながらでも勉強できる通信講座や、短期間で学べるコースなどがあり、受講料はそのどれもが格安で基礎をしっかり学べます。

シナリオライターに興味のある人は、ぜひ検討してみてください。

転職・就職を成功させるためのコツ

シナリオライターになるためには、昔のように実際にシナリオを書いて企業に持ち込むような特殊な手段ではなく、今ではほかの職種と同じように、求人サイトや転職エージェントを利用して職に就くことができます。

収入が安定している正社員の求人も多く、特に資格は必要ありませんし、学歴や経験不問の求人もありますが、やはり即戦力となる人材を企業は求めています。

そのため、確実に転職するためにはどういった経験を積めばいいか、今のスキルで応募は可能かどうかなどを相談できる転職エージェントを利用すれば、転職する際の大きな味方となってくれるでしょう。