ディレクター

このページではゲームディレクターの転職について解説しています。ゲームディレクターの一般的な年収や求められるスキル、転職でのキャリアアップのコツなどをまとめているのでチェックしてみてくださいね。

平均年収

ゲームディレクターの全世代平均年収は473万円ほどです。(「ゲームプロデューサー・ディレクターの年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)」より)

年代別では20代が約350~400万円、30代では約500万円。プログラマーやデザイナーなどの開発職と比べると高給だといえます。

ゲームディレクターは高収入?

正社員の割合も高いゲームディレクターは、大企業に採用されればさらに高い給与が望めます。また、ヒット作を出して人気ゲームディレクターとなれば年収1,000万円に上ることも。

東京や京阪神などの大都市のほうが地方よりも収入が高くなる傾向にあるようです。

ゲームディレクターに求められるスキル

必要な資格

ゲームディレクターになるにあたって必要な資格は特にありません。

とはいえ、未経験者がいきなりゲームディレクターとして採用されることは少なく、普通は大学・専門学校の卒業者がゲームメーカーに勤め経験を積んでゲームディレクターになっていきます。

必要な知識

現場を取り仕切るゲームディレクターは、ゲーム開発の全体についてある程度の知識を持っている必要があります。プログラミングやデザイン、音響などに関しても、最低限の理解ができていなければなりません。

企画力とコミュ力が重要

新しいゲームの開発を指揮するゲームディレクターには高度な企画力が必要です。ユーザーニーズを適切に把握し、ゲームタイトルとして形にできる企画力を磨かなければゲームディレクターとしてはやっていけません。

また、ゲームディレクターは現場スタッフに指示やアドバイスを送ったりクライアントと直接交渉したりといった機会も多いため、コミュニケーション能力も必須だと言えます。

ゲームディレクターが担うべき役割

現場を監督する

ゲームディレクターはゲーム制作における現場監督。プランナーやデザイナーと企画を立てたり制作中に一人ひとりの開発スタッフに指示を出したりと、ゲーム制作のほとんどすべてのプロセスに関与することになります。

これから作ろうとしているゲームについて誰よりも明確なビジョンを持ち、チーム全体を統括しながら完成に向けて進んでいく役割が求められるのです。

分業化のなかでディレクターの果たすべき役割

現在はゲーム制作の現場で分業化が進んでいます。1つの現場に、プログラミング専門のディレクターやデザイン専門のディレクターなど、複数のディレクターが存在するケースも珍しくありません。

今後のゲーム業界においては、制作現場全体を把握できる広い知識と、得意分野への深い理解をあわせ持つことがゲームディレクターに求められるでしょう。

ゲームディレクターとして年収をアップさせるには

ゲームディレクターが年収をあげるには以下の3つの方法が考えられます。

  • 今の会社で出世する
  • 大手の企業に転職する
  • 成果報酬制の企業に転職し実績をあげる

同じ会社にいてもゲームディレクターからゲームプロデューサーになることで給与が上がる場合があります。平均年収で150万~350万円ほどアップすると言われているので、狙ってみる価値はありそうですね。

転職で年収を上げる

年収を上げる方法としては他に転職があります。現在勤めている企業よりもいい待遇で迎えてもらえれば当然年収はアップ。また、例え年収が少なくても成果報酬をとっている企業に転職して、ヒット作が出せれば一気に収入は上がるでしょう。

ゲームディレクターとして年収を上げるためには、しっかりとしたキャリアプランを立てて自分の素質に最も適した企業と出会えるようにすることが大切だと言えそうですね。

自由に作品を作らせてくれそうな企業へ転職するもよし、待遇の良い大企業へ転職するもよし、ゲームディレクターとしての可能性を存分に活かせる会社と出会えれば希望通りのキャリアアップが果たせるでしょう。

転職の際に注意すべきこと

転職する際には、業界の採用事情や求められているスキルなどを押さえておくことが重要。ゲームディレクターの資質が開花するかどうかは、その人に合った企業と出会えるかどうかにかかっています。

業界知識が豊富な人に相談するか、ゲーム業界に特化した人材紹介会社に頼ってみてはいかがでしょう。