ゲームデザイナーの平均年収や転職事情

ここではゲーム業界におけるデザイナーのキャリアアップについてまとめています。開発現場での役割やデザイナーに求められるスキルなどをまとめているので、年収を上げたいと考えている方は是非ご覧ください。

平均年収

デザイナーの平均年収はおよそ400万~500万円だと言われています。多少の個人差はありますが、だいたいは月収18~60万円ほど。スキルや経験などで変わってくるようです。

初任給は15~20万円で、人によっては「これでは生活できない」という方も。仕事を始めたばかりとはいえ、家賃や生活費も考えると厳しいものがありますね。逆に、ソーシャルゲームのデザインで2億円ほどの給料をもらっている方もおり、仕事や会社などの要因でも大きく収入が変わることがわかります。人気ゲームのデザインを手掛けると給料に反映される場合があるため、収入が変動しやすい職業ともいえるでしょう。

デザイナーに求められるスキル

テレビゲームとソーシャルゲームで分かれるものの、CGやグラフィックデザインはどのジャンルでも需要が高く、必須スキルと言えます。3Dだけでなく2Dのスキルも覚えておくとより仕事に役立ちます。ゲームの種類によってはエフェクトも必要になるため、覚えておいて損はないでしょう。Adobeのソフトを使った画像加工などのスキルも身につけておくとグラフィックデザインの際に便利です。

覚えておいて損はないスキル

  • 3DCG
  • グラフィックデザイン
  • 2DCG
  • アニメーション
  • エフェクト
  • Adobe関連ソフト使用スキル

CGやグラフィックデザインの需要が大きくなってくる中、ゲームデザイナーにはCGやプログラミングの知識や技術が欠かせなくなってきています。世界観を作るためにさまざまな方面の知識・技術が必要となるので、自分の仕事にあまりかかわりがない仕事の知識も学んでおきましょう。専門知識を基礎として実務経験を積み、日々技術を高めるのが大切です。

デザイナーが担うべき役割

ゲームデザイナーは世界観やストーリーなど、ゲームを構成する要素を決定する仕事です。仕事内容は幅広く、企画やグラフィックデザイン、プログラミングまで指示する場合も。デザイナーが作ったゲーム設計によってそれぞれ作業を進めるため、かなり責任が大きい仕事といえるでしょう。

2Dデザイナーと3Dデザイナーの違い

ゲームデザインには2Dと3Dの2種類があり、どのデザイナーになるかで仕事内容がかなり変わります。2DデザイナーはLive2DやSpine、3Dデザイナーは3DCGなど使うツールも全く異なるため、キャリアアップの仕方も別。スキルアップ・キャリアアップを目指す方は自分の仕事を確認したうえでピッタリの方法を探しましょう。

今後のゲーム業界での立ち位置

ソーシャルゲームが増えてきている現在は、3DCGができる3Dデザイナーはどこの企業でも求められています。ただし、長く生き残るには常に新しい技術やデザインを学び、技術を磨かなくてはいけません。どこでも必要とされる人材になるよう、キャリアアップを目指しましょう。

デザイナーとして年収をアップさせるには

デザイナーとして年収を上げるには、以下の2つの方法があります。

仕事の効率化や新たなスキルを覚える

デザイナーが現在の会社で年収をアップさせるには、仕事の効率を上げたり新たなスキルを学んだりしなければいけません。

スキルを覚えるのであれば、ビジネススキルがおすすめ。ビジネスを学ぶことでデザインの価値を伝えられるため、デザインスキルと併用すれば非常に優秀な人材として認めてもらえるでしょう。

便利なサービスが数多く生まれていく中で、海外の会社が高いクオリティの低額なサービスを打ち出せば、制作単価は低下します。デザイナーとして仕事を続けたいなら新たなスキルを身につけておきましょう。

転職でキャリアアップを目指す

年収を上げるために、転職してキャリアアップを目指す方法も。ある程度経験のあるデザイナーならば、職場を変えることで収入を上げられる場合もあります。新たな環境でスキルを身につけることもできるため、収入・スキルともにプラスに傾くはず。

例え年収が少なくても、成果報酬を採用している企業ならヒット作を出せば収入は一気に上がります。デザイナーとしての技術をしっかり身につけておけば、今の会社で働き続けるよりも転職した方が高い年収が見込めるでしょう。

デザイナーは転職でキャリアアップできる?

知識と経験を活かせる会社でキャリアを積む

デザイナーは競争率が高いシビアな職業ですが、需要はだんだん高まってきています。経験を積んでキャリアが上がれば、頼りになる人材として重宝されるでしょう。ただし、現在の企業でずっと働いていてもキャリアアップにつながるかはわかりません。

今の会社でこれ以上キャリアアップにつながらないと感じたら、転職してみるのもひとつの手。知識と経験を活かせる会社に出会えれば思い通りのキャリアを積むことができるでしょう。

ゲーム業界に精通したエージェントを利用する

転職するならやみくもに企業を探してはいけません。業界の採用事情や求められているスキルなどを把握しておかないと、今の職場と同じことを繰り返すだけになってしまう可能性があります。

自分に合った会社を探すために、まずはゲーム業界に特化した転職エージェントを頼ってみましょう。業界知識に精通しているので、経験や現在のスキルからオススメの会社を紹介してくれるはず。うまく活用して自分にピッタリの会社を見つけてくださいね。