ゲーム業界転職サイト情報局TOP » 【職種別】ゲーム業界でキャリアップするには

【職種別】ゲーム業界でキャリアップするには

ゲーム業界でキャリアアップを果たすにはなにをすればいのでしょうか。職種別にキャリアアップのコツや求められるスキル、平均年収などをまとめました。

ディレクター

ゲーム制作の開発現場を取り仕切るのがゲームディレクターの役割です。多くのゲームディレクターはデザイナーやプランナーなどの職歴を経てディレクターになっています。現場を統括するためにゲーム開発に関して広範な知識が必要とされるディレクターですが、どのくらいの年収がもらえるのでしょうか?キャリアアップのコツや求められるスキルなどと合わせて調査しました。

ゲームディレクターのキャリアアップについて詳しく見る

プランナー

ゲーム制作の起点となる企画立案から実際に制作の進行管理まで行なうのがプランナーの仕事。各セクションの役割りを把握し的確な指示を出す必要があるため、広い知識とマネジメント力、そして企画立案のための発想力が問われます。このページではプランナーの平均年収やキャリアアップに必要なスキル、転職の際に気を付けたいことなどをまとめました。

ゲームプランナーのキャリアアップについて詳しく見る

プログラマー

ゲームシステムのプログラミングだけでなく、チームの取りまとめや時には企画会議への参加も求められるプログラマー。プログラミングの種類も多岐に渡り、専門性が高まっている分野です。開発言語を操る以外にも必要なスキルがあります。そんなプログラマーの転職やキャリアアップに役立つ情報をリサーチしてまとめました。

ゲームプログラマーのキャリアアップについて詳しく見る

デザイナー

月収の差が激しいゲームデザイナー業界。日々の暮らしが大変な方から、5桁の報酬を得る方までさまざまです。テレビゲームとソーシャルゲームといった垣根は今やほとんどなく、デザイナーとして身に付けておきたいスキルは共通しています。ゲームデザイナーとしてキャリアアップを望むのであれば、必須のスキルを磨いていきましょう。また、キャリアアップに繋がる転職についてもポイントをご紹介。ぜひご覧くださいね。

ゲームデザイナーのキャリアアップについて詳しく見る

シナリオライター

比較的若い世代が多いシナリオライター。その分他の業種に比べると、平均年収も低い傾向にあります。人気のあるライターになれれば、年収1,000万円越えも夢ではない世界です。このページでは収入アップに繋がるスキルや転職のコツについてまとめました。詳しく知りたい方はぜひ、次のページへ進んでくださいね。

シナリオライターのキャリアアップについて詳しく見る